M&Aのタイミングは?

M&Aの成功に必要な投資判断基準

企業を成長させるために行う「M&A」にとって欠かせないのが、投資判断基準です。会社を大きくしたいからと言って闇雲にM&Aを行っても、企業は成長できるとは限りません。買収後に企業を間違いなく成長させるためには、投資の判断基準が必要不可欠です。この判断基準で重要なのが、何年後に投資した額を回収できるのかというポイントです。この回収にかかる年月は、短いのに越したことはありません。高い収益が見込めた上で、どのくらいで回収できるかをきちんと分析しておく必要があります。また、M&Aによって本業の業績が上がるかどうかも、大切なポイントです。もし投資の回収期間が短く、さらに本業においても大きな相乗効果が得られるのであれば、間違いなくM&Aに適したタイミングだと言えるでしょう。

M&Aの手続きの流れとは?

企業が企業を買収するM&Aは、一体どのような流れで進んで行くのでしょうか。M&Aの方針が決まってからまず最初に行うのが、仲介契約です。M&Aにおいて仲介役となる専門企業に依頼し、契約を結びます。この時に、具体的な課題の整理や調整なども行われるようです。そして次に行われる手続きが、相手企業へのアプローチです。この時には、自社の強みや経営資産などを、ある程度の情報を相手企業に伝える必要があります。相手企業は複数社ピックアップし、最も大きな可能性が期待できるところからアプローチをかけましょう。そして話が進んだら、双方の企業のトップが面談をすることになります。その後M&Aの方針が合意されると、詳細な条件交渉が行われます。