M&Aの活用方法

M&Aとはどのようなものか

企業の経営者にとって自社の事業拡大のために採りうる方法の一つにM&Aがあります。M&AとはMerger and Acquisitionの略で、直訳すると合併と買収を意味します。つまり、他社と合併したり、他社を買収することによってその事業を吸収し、企業のビジネスを拡大するための手段として使える訳です。もっとも、むやみやたらと他者を買収等すればよいというものではなく、事前に入念な検討が必要となります。もっとも重要なのは、買収対象となる企業と自社のビジネスの間に親和性があるかという点で、これがなければM&Aを行うメリットはあまりありません。親和性のある企業を買収していかにシナジー効果を発揮させてビジネスを拡大するかがポイントであるという認識が求められます。

M&Aの実施手続とは

M&Aを行うにあたって必ずしも決まった手続きが存在する訳ではありませんが、一般的な流れというのはありますので、それについて説明します。まず最初に対象企業の絞り込みが必要で、候補が決まればそこに対してオファーレターという買収を提案する文書を提示することになります。対象企業に応じる意向があれば一定期間を独占交渉期間としてデューデリジェンスと呼ばれる企業の調査を行い、大きな問題が見つからなければ買収条件を定める契約書の条件交渉を行うことになります。契約には専門的な法律の知識が必要となりますので、弁護士を使うのが一般的ですが、うまく条件がまとまれば契約を締結し、必要に応じて許認可などの手続きを経てクロージングとなります。