M&Aセミナー受講のすすめ

M&Aを滞りなく行うために

経営者にとって、M&Aは経営方針に関わる重大な選択になります。M&Aとは、吸収合併を中心にした企業再編行為の総称ですが、タイミングを間違えれば事業に支障をきたします。通常、M&Aを行うときは被合併会社の事業の状況は悪いことが多いので、合併する会社はリスクを負います。また、M&Aには、合併の他にも会社分割や組織再編も広義の意味で含まれ、相応の知識が必要なります。そこで知識を借りるべき存在が、M&Aコンサルタントであり、M&Aセミナーで彼らの知識を聞くことができます。M&Aセミナーでは、M&Aの手続きや成立要件の他、正しいタイミングなども指導されます。そのため、M&Aで起業を再編することを考えている人はM&Aセミナーは必聴でしょう。

M&Aの成立要件と手続

M&Aは、一定の要件を満たせば成立しますが、その要件は複雑です。実体法上では、株主総会の特別決議や事前事後の公告、債権者保護手続きを丁寧に行う必要があります。それらは株主や債権者に、M&Aで被害を与えないために必要な実体法上の手続きだといえます。また、手続法上の行為としては、M&Aに関する登記が必要になります。商業登記は、一般的に登記することは成立要件となるため、登記をしなければ登記懈怠となり法律違反になるからです。そういう手続きは少し難しいかもしれませんが、M&Aセミナーではこれらの法的な課題についても気軽に質問することができます。さらにM&Aにかかる費用なども、M&Aセミナーでは具体的に説明されるため、費用面の課題も理解できるといえます。